検索
  • yukimori

オンラインマガジンサイトでの一般ブログ

レーゲンスブルクのオンラインマガジンサイトでの一般ブログで「危険な関係」の初日公演の感想が書かれていた。



「この新作公演を最後に森優貴はレーゲンスブルクに別れを告げた。2012年/ 13年のシーズン以来、森はレーゲンスブルク歌劇場のダンス部門の芸術監督兼チーフ振付家を務めてきました。今シーズンの終わりに、彼は出身地の日本に戻ります。彼の監督の下、沢山の美しい作品ばかりでした。2016年に彼は 最優秀賞にノミネートされました。

初演の土曜日、森がカーテンコール時にステージに登場した時、大声の喝采と拍手。拍手は再び大きくなり森はステージ上の他の出演者をたたえ自らは控えめに様々な思いを胸に客席に頭を下げた。- 私はその光景を見て涙を流しました。

森優貴監督の下でに7年間素晴らしい時代でした。

ありがとう、森優貴さん。

劇場に行くこと、そしてこの危険な関係を観ることを強くお勧めします。

それは森優貴と言う芸術家に対しての敬意と感謝を表すことになるからです。」



僕自身がありがとうと言う気持ちでいっぱいです。

何人の観客がこの7年間劇場に足を運び作品を観てくれたんだろう。。

一人一人にありがとう。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示